第六話 決戦、第3新東京市

―― あなたは死なないわ、私が守るもの

 突然の使徒の攻撃からシンジを守るため、初号機を即座に撤退させたミサト。シンジは鼻から血を流して倒れていた。病院にシンジが収容される中、葛城一尉は使徒迎撃の作戦を立案する。それは戦略自衛隊より徴用した自走陽電子砲をポジトロンライフルに改造し、日本中の電力を使って、高エネルギー収束帯を放射、ATフィールドの中和に寄らず、一点突破で使徒を迎撃するという壮大な作戦だった。

 使徒がジオフロントへと向けて地中を掘削し、状況が切迫する中で、ミサトから作戦の概要を聞かされるシンジ。死ぬかもしれないね、と綾波レイに愚痴をこぼすと、「あなたは死なないわ、私が守るもの」とレイは呟く。

 スーパーコンピューターMAGIによる解答は、賛成2反対1。勝算は8.7%。日本中を停電にしてヤシマ作戦が開始される。初号機に搭乗したシンジは、レイの搭乗する零号機を盾にポジトロンライフルを発射するが、外してしまう。その隙に使徒から過粒子砲が放射されるが、零号機が盾となり、辛うじてシンジは助かったのだった。

 零号機が絶体絶命に陥る中、二度目の射撃で命中させ使徒を倒したシンジは、零号機のエントリープラグに駆け寄る。レイは無事だった。「別れ際にさよならなんて悲しいこと言うなよ」と泣きじゃくるシンジに、こういう時どういう顔をすれば分からないの、と言うレイ。

 「笑えばいいと思うよ」というシンジの言葉に、レイは初めてシンジの前で笑顔を見せた。


意外とレイには思い入れがないと語る庵野監督

 第6話はかなり重要なストーリーで、エヴァファンの間でもダントツの人気の回なのですが、やっぱりちょっと絵が古いかなぁと思わせます。今回のヤシマ作戦は、ナディアのクライマックスシーンを彷彿とさせます。テロップが出てきて緊迫感を誘う辺り、まさか第6話にして、N−ノーチラス号が発進するシーンのあの興奮を味わうことが出来るなんて(うるうる)。

 庵野監督自身は、レイには何の思い入れもないと「パラノ・エヴァンゲリオン」のインタビューで語っています。第6話でレイとシンジのコミュニケーションを完成させたのも早すぎた。あのシーンを出しちゃったら、この後レイとシンジを描く要素が何にもなくなってしまうと。実際にその後庵野監督はレイのことを忘れていたそうで、第7話ではうっかり忘れて1カット、第8話には1カットもレイが出てきません。久々に見返してみて、そういえばレイ出てこないな〜と思ってたら、こういう事情があったんですね。

 確かに第6話でレイの「あなたは死なないわ、私が守るもの」のセリフと、シンジの「笑えばいいと思うよ」であの笑顔を出してこられたら、この後レイとシンジの関係をこれ以上どう盛り上げるんだろうと、出すの早すぎの感もありました。アレ、第6回なのにもう山場?みたいな。

 ただ、前作のナディアの時も、第6回で、ネオ・アトランティスにさらわれたナディアを、ジャン、グランディス一家、ノーチラス号が奪還するという派手派手しいクライマックスを演じていますので、それを踏襲したのかもしれません。

 ナディアの前例があったので、ここから先はナディアの時と同じようにドタバタ喜劇でストーリーが進んでいくのかなぁと納得してしまいました。結局その後のレイは、消えてなくなってしまいます。

 今たまたま第7話後の二次小説を書いてるのですが、ああそうかやっぱりアソコであのシーンを出すのは早すぎるよな〜と、自分でもレイとシンジの話を書いていて、第6話であんなコミュニケーション演じられたら、もうそこでレイとシンジの話はハッピーエンドで完結してしまっているから、書き辛いなと実感しています。また第6話以前のレイの冷たい性格に戻さなきゃいけないのかと。

 庵野監督はレイに思い入れはないと語っていますが、余計な感情を入れなかったから、あの透明感溢れるイメージで、大勢のアニメファンを惹きつけたのかも知れません。まさにリツコが語ったように透き通った水のイメージです。同人作家の野火ノビタが、レインの「好き好き大好き」や「引き裂かれた自己」を引き合いに出して、レイを分裂症の観点から論じているのも興味深いところです。

 以降の回で、再びレイに関する分裂症的イメージの連続が出てくるのですが、その点に関しては、またその折に触れたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEON GENESIS EVANGELION vol.02
出演:緒方恵美、三石琴乃、林原めぐみ、宮村優子
監督:庵野秀明
形式:Color, Dolby
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2
販売元:キングレコード
発売日:2003/7/24
時間:100 分

月をバックに佇む綾波レイ

第3新東京市、第2新東京市、山口県宇部市などのテロップが頻繁に出てきて、緊迫感と興奮を誘うが、この手法は「ふしぎの海のナディア」でネオ皇帝がホログラムで登場するシーンや、N−ノーチラス号が小笠原諸島沖で停泊しているシーンでも用いられている。なお、テロップに出てくる日本の実在の地名は、スタッフの出身地か。

また、シンジに「笑えばいいと思うよ」と促されて、レイが微笑む名シーンは、エヴァ劇場版DEATH&REBIRTH「シト新生」にて、見違えるほど綺麗にリメイクされた。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q Blu-ray


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 Blu-ray


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 Blu-ray


メールマガジン
『エヴァとの思い出』

(ID:0000236912)
まぐまぐ