第拾八話 命の選択を

 エヴァ参号機起動実験のため、長野県松代へと出張するミサトだったが、エヴァ参号機のパイロットについて、シンジになかなか切り出せないでいた。そこへケンスケが現れ、自分をエヴァンゲリオン参号機パイロットにして欲しいとミサトに頼み込む。

 フォースチルドレンとしてエヴァに乗ることを決意したトウジは、学校の屋上で物思いに耽る。珍しくレイがトウジに声を掛けるが、レイが心配しているのはシンジだとトウジは言う。

 アメリカから日本の松代に空輸されてきたエヴァンゲリオン参号機は、鈴原トウジを載せて起動実験を開始する。ところが空輸中、稲妻を帯びた積乱雲に突入した際に、既に使徒に浸食されていた。エヴァ参号機起動と共に爆発する松代の実験場。暴走する参号機を止めるために、シンジ達は出撃するが、シンジは参号機にトウジが乗っていることを知らなかった。

 レイの零号機、アスカの弐号機がことごとく打ち破られる中、同じ人間が乗っていると攻撃を拒否するシンジに対し、碇司令はダミープラグを起動させる。エヴァ参号機に対して攻撃を開始する初号機。シンジは初号機を止めようとするが、操縦桿は全く反応せず、参号機を無惨に打ち砕く。

 攻撃終了後、松代の実験に立ち会って負傷していたミサトは、シンジに通信を繋ぎ、参号機パイロットの真実を伝えようとする。エントリープラグから救出される参号機パイロット鈴原トウジの無惨な姿を見て、シンジは絶叫する。


左足を失う鈴原トウジ

 エヴァの中でも最も興奮できる回の一つであり、最も哀しみを誘う回でもあります。初号機が参号機をメッタメタにやっつけるところは、従来あるロボットアニメの表現ではなく、血湧き肉躍る肉弾戦そのものです。碇司令がパイロットとエヴァのシンクロ回路を切断してダミープラグを起動させる命令を下すシーンも、司令官特有の緊迫感があってカッコイイです。かなり冷静に「攻撃開始」と言ってます。

 ビデオで見たときは、トウジは肢体満足で無事なように見えたのですが、最近フィルムブックを購入して、脚注の所に左足を失っているという説明を見つけて、よく見たら、確かにシーツの膨らみは右足しかなくて、トウジがエヴァとの戦闘で左足を失っているのを10年目にして知りました。

 エヴァ初号機との戦闘前に、日向マコトが参号機エントリープラグ内のトウジの様子を「呼吸と心拍数はありますが、おそらく・・・」と伝えますが、おそらくどうなってるんでしょうね。意識があるのかないのか。ないような言い方ですけど、意識があるまま乗っていたとしてトウジ側から描かれていたら、かなり残酷なシーンになっていたことでしょう。実際には起動実験の際のトウジの様子は一切省かれていますが、省略の美学が生きています。

 妹思いのトウジは、難しい怪我をしている妹を大きい病院に転院させることをエヴァ搭乗の条件にしたとリツコが言います。実際にフィルムでは、トウジの口からその条件を聞くことはありません。その様な演出手法も、他人に自慢したり善意を見せびらかしたりしない虚栄心ゼロのトウジの男らしらを一層際立たせています。

 最後にはミサトさんがシンジにフォースチルドレンの名前を告げようとしますが、このシーンはこっちまで咽び泣きそうになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEON GENESIS EVANGELION vol.05
出演:緒方恵美、三石琴乃、林原めぐみ、宮村優子
監督:庵野秀明
形式:Color, Dolby
言語:日本語
リージョンコード:リージョン2
販売元:キングレコード
発売日:2003/9/26
時間:95 分

新世紀エヴァンゲリオンvolume6 貞本義行

左足を失った鈴原トウジだったが、貞本版エヴァでは、トウジは心肺停止で死んでしまう。村上龍の「愛と幻想のファシズム」の主人公、鈴原冬二と重ね合わせてこの回の殺戮シーンを見ると、「愛と幻想のファシズム」で提示されている父性への、母性からの激しい否定とも見て取れる。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q Blu-ray


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 Blu-ray


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 Blu-ray


メールマガジン
『エヴァとの思い出』

(ID:0000236912)
まぐまぐ